資源を大切にするリサイクルシステム
工場内に入ると、直径30cm位のパイプが何本も天井を縦横に走っています。
これは各機械で生産する際に裁断されたダンボールの裁ち屑を風送装置で吸い上げるためのパイプです。
一カ所に集められたダンボール屑は、ブロック型に圧縮してそのまま製紙メーカーに運ばれ、原紙の原料として無駄なく再利用されています。



低公害企業が、KOYOのモットーです
実はダンボールを生産しケースを造るには、一見関係ない様に思われる「火」と「水」が不可欠なのです。
ダンボールを貼り合わせたり、乾かすための熱及び糊やインクを洗い流す水が必要です。
KOYOでは硫黄酸化物や窒素酸化物の排出を最小限におさえた設備を使い、また強力な汚水処理装置で公害を防いでいます。
これらのコストは当然の義務だと思います。



HOME | ご挨拶・社是 | 会社概要・グループ | 沿革 | 品質方針・環境方針 | リサイクル | 設備 | 商品 | デザイン
アクセス | 個人情報保護方針 | お問い合わせ
Copyright © 2006-2015 Koyo Shigyo Corporation All Rights Reserved.